秋田ペット霊園

キャリア猫について

いぬ・ねこネットワーク秋田さん主催の「キャリア猫」の飼い主募集の譲渡会を秋田ペット霊園でも開催しております。

この「キャリア猫」とはどんな猫さんでしょうか?

いぬねこネットワーク秋田さんの猫さんの飼い主さん募集を見ると血液検査済みの所に(猫エイズ陽性)や(猫白血病陽性)の文字がある猫さん達が見つけられると思います。

「キャリア」とは、猫エイズや猫白血病に感染しているけれども、症状がまだ出ていない未発症の状態を指します。

「キャリア」の状態の猫が「キャリア猫」です。

ここでは猫エイズキャリアの猫さんについて詳しく紹介していきます。

猫がエイズウィルスに感染してから発症し症状が進んでいく段階を「ステージ」と呼びます。


・ステージ1 急性期

猫エイズに感染すると、FIV(猫エイズを引き起こすウイルス)は体全体に広がっていきます。

その際、全ての猫に見られる訳ではありませんが、FIVに感染してから1カ月ほど経つと発熱や下痢、風邪を引いたような症状が現れることがあり、このような症状が1ヶ月から長い子で1年ほど続くと言われます。

・ステージ2 無症状キャリア期

急性期に見られた症状が一旦影を潜め、健康に問題のない無症状キャリア期へと移ります。

この時期は、他の健康な猫さんと同じくまったく症状が現れません。

ただ、もちろん病気が治ったわけではなく、ゆっくりと免疫力を奪っていきます。

通常この潜伏期間は2年〜10年、中には発症せずにそのまま命を全うする猫さんもおります。

・ステージ3 エイズ発症期

ステージ1.2を経て、いわゆるエイズ(後天性免疫不全症候群)を発症し、エイズ発症期と呼ばれる時期に入ります。免疫力低下によってさまざまな病気にかかりやすくなっていきます。

特に多いのが細菌感染による口内炎、口の中の潰瘍、口臭、よだれなどの口腔内の疾患で約半数の猫で認められます。

その他、体重減少や脱水症状を起こしたり、さらに症状が進むと肺炎や、悪性腫瘍など様々な臓器の障害が現れます。

ステージはこの様に3段階で説明されています。

エイズキャリア猫さんと一緒に暮らすので大事なのは、猫さんの免疫力UPするように食事に気を使ってあげたり、何よりストレスなく過ごしていただくことがエイズの発症を遅らせることが出来ます。

でもこれって、普通の健康な猫さんと一緒に過ごすのと、ほとんど変わりはないのではないでしょうか?

『どんな猫さんでも、幸せに暮らせる権利がある。』そう信じて、全てのキャリア猫さんたちが新しい家族に出会えますように私たちも応援していきます!


<< 前のページに戻る