秋田ペット霊園

ご安置についてのご提案です。

ダンボール箱を棺に見立てる形でご案内いたします。
 お身体大きく立派な場合は、厚手の毛布などを数枚敷いて寝かす形の方が、移動がし易くなります。

 

身体より一回り位大きいものが良いと思われます。
箱の底は、抜ける事が無いよう、粘着テープ等で補強をしてください。

 

タオルなどを2枚位、箱の底に敷きます。

 

頭とやお尻の辺りに交換できる形でタオルやペットシーツ等を敷いておきます。
頭を低くしないために、枕になるものを頭の下になる位置に準備します。(ぬいぐるみを使用しております。)

枕等の位置に合わせて、そっと寝かせます。

ドライアイス、氷、保冷剤等は、お腹側をメインにして背中側は補助的に置きます。

 

生前好きだった食べ物や、お花や愛用のおもちゃ、お手紙等も添えてあげると喜ぶと思います。

 

お布団の代わりにタオル等をかけてあげましょう。
ハエなど虫が、直接付かなくする効果もあります。

箱の上ふたは、密閉する必要はありません。屋外移動時に簡単に虫などが入らない様に軽く固定する程度で大丈夫です。

<< 前のページに戻る

御安置に関する詳細

ご遺体をきれいに保ち痛みを抑えるには、濡らさずに良く冷やす事が大切です。
また、ハエなどの虫が寄り付かない様注意してください。

死後、筋肉が弛緩してウンチやおしっこが出てしまうので、様子を見て一度綺麗にしてあげてください。
ウンチに関しては、その後も出てくる場合もあります。綿等で肛門に栓をすることも一つの方法です。
鼻から鼻血のように出てくる場合もありますので、小さい綿で鼻腔に栓をするする方法もあります。
ただし、血液や血液の混じった体液が急に大量に出てくる場合もありますので、その際は冷却しつつ
出る分だけは排出させる必要があります。
死後もお腹が暖かいままの場合があります。
これは内蔵で消化が継続している事が考えられます。消化の継続によって、
消化によりガスが発生しお腹が膨らんでいく可能性や、内蔵内壁を消化液が消化して、
内蔵から出血して口などから溢れてくるなどの状態が考えられるので、お腹を中心に
早めに冷やす方が良いと思われます。

ドライアイスやブロック氷、保冷剤等は身体が濡れない様、白いタオルなどで二重に包み
喉から胸お腹にかけてと背中側の胸かお腹にかけてに当てて冷やします。
ブロック氷は、コンビニでも24時間入手可能ですが、結露による水が多くつき易く、
注意が必要です。保冷剤の場合は冷却時間が短いので、交換が頻繁になります。
ドライアイスであれば、目安として1kgブロック1個で1日位は冷やせます。ドライアイスは
取り扱いに注意は必要ですが、比較的楽に冷やせます。
効率よく冷やすには、遺体を収めている箱のふたは閉じる方が望ましいです。
(密閉する必要まではありません)
秋田市でドライアイスを入手されるのでしたら、

北斗製氷株式会社さん:018−832−3415   有限会社ミウラさん:018−862−8844 まで。

身体を清めてあげたい場合、きちんと全身を乾燥できるのでしたらシャンプー等をしてあげる
事は構いませんが、自信の無い場合は、シートタイプのクリーナーや水のいらない泡のシャンプー等の
ご利用が良いと思います。

死後硬直は1,2時間後から発生します。できれば、死後硬直が始まるまでの弛緩の間に、
四肢の位置などを直してあげてください。
また、瞼が開いたり、舌が出たままの状態も多いので、気にされる場合はこの間に口の中に収めてあげてください。

<< 前のページに戻る

移動に関して

ご安置後の移動は、箱ごとの移動をお勧めいたします。

     

お身体が大きく立派な場合、厚手の毛布を敷く方法をお勧め致しましたが、敷いた毛布の端をキツめに丸めると握り易くなり、毛布ごと移動ができます。

   

火葬のためにお越しになる際、途中で思い出の場所を回ったり、お友達のところや、お世話になったところなどを寄って来られる方もいらっしゃいます。

連絡や届け出関連

●ペット保険関連
保険の内容によりますが、動物病院の診断書等の必要の場合もありますので、契約会社へご連絡の上ご確認下さい。

●受診していた動物病院への連絡
動物病院で亡くなった場合は不要と思われますが、ご自宅で亡くなった場合は、後日主治医の先生へご連絡ください。

●愛犬の死亡届について
愛犬が死亡した時には、秋田市の場合 死亡後30日以内に、犬の登録番号と死亡年月日を控えて、
秋田市保健所衛生検査課もしくは市民サービスセンター(北部、西部、駅東、河辺、雄和、南部)
の窓口へ直接届け出る(この場合鑑札提出も必要)か、
秋田市保健所衛生検査課へ電話で連絡するかのいづれかの届け出が必要です。

秋田市保健所 衛生検査課
秋田市八橋南1丁目8番3号 
電話番号 018-883-1182

登録を抹消を忘れた場合は、次回の狂犬病予防注射の通知が送付されます。

<< 前のページに戻る